戸谷 浩/TOYA Hiroshi - 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies | 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies 戸谷 浩/TOYA Hiroshi - 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies
  1. HOME
  2. 教員紹介
  3. 戸谷 浩/TOYA Hiroshi

Professors

教員紹介

国際学科/International Studies
  

戸谷 浩

TOYA Hiroshi

東欧を中心としたヨーロッパ史を教えています。人も、街も、食も好きなので、歴史学を学び始めました。多様だけど、何か統一感もあるヨーロッパに最も惹かれ、研究対象としました。訪れた街や村は数知れず。二十歳の頃からの「旅」は、まだ終わりません。
At Meiji Gakuin University, I teach European history. I started to learn history, because I love people, towns, and foods, too. Among many choices, Europe, which has various cultures but is unified, attracted me most. Not only in Europe, but also all over the world , I have visited a lot of towns and villages up to now, but my journey started when I was 20 years old, and it has not ended yet!

学科
Department
国際学科
International Studies
専門分野
Research Fields
東欧史、特にハンガリー近世史
History (East European History, especially Early Modern Hungarian History)
履歴
Background
学部時代にカンタベリー(イギリス)に1年、修士時代にブダペスト(ハンガリー)に1年7か月の滞在を経て、現職。戸塚には25年強ということですが、途中、ウィーン(オーストリア)に1年いました。
Prior to taking my present position at Meiji Gakuin, during my undergraduate days I lived in Canterbury (UK) for one year, and I then lived for one year and seven months in Budapest while working on my M.A. I have been in Totsuka for a full twenty-five years, but I also was in Vienna, Austria, for one.
M.A., Chuo University, Tokyo
Ph.D., International Christian University, Tokyo
I have studied in the U.K., Hungary and Austria, too.
詳細はこちら Details
担当科目
Courses
明治学院共通科目の「歴史学」と「世界史」
学科科目としては、各「演習」を担当
研究業績
Research Activities
・戸谷浩『ブダペシュトを引き剥がす:深層のハンガリー史』彩流社,2017年
・南塚信吾編『ドナウ・ヨーロッパ史』山川出版社,1999年(執筆:第3章 ハプスブルクとオスマン)
・戸谷浩『ハンガリーの市場町:羊を通して眺めた近世の社会と文化』彩流社,1998年
詳細はこちら Details

本学を目指す学生へ

A short comment about Meigaku for prospective candidates.

大学を決めるということは、一生の大きな部分を決めることであると言ってよいかもしれません。そんな大切なことを数字(学費や偏差値?)や、通学時間の長い短い、あるいは世間での不確かな評判などによって決めてしまって良いものでしょうか?
「皆さん全員、明治学院大学国際学部に来て下さい」という意味ではなく、考え抜いて、決断した人々を、わが国際学部は歓迎致します!
I might be good to say that your choice of college will decide a large portion of your life.
Is it really good to base such an important choice just on numbers (costs, deviation values, etc.), the duration of your commute, or unsubstantiated public opinion?
The meaning of this question is not to suggest, “One and all, come to Meiji Gakuin’s Faculty of International Studies,” but rather our Faculty warmly welcomes students who choose us after thoroughly thinking about their choice of a college program.

ゼミ紹介

Seminar

「ヨーロッパ地域研究」か、世界中どこでも場所は問わずに「近現代史」に関心のある学生を受け入れてきています。学期ごとにヨーロッパの1国を選び、その国の料理を食べながら、その土地の歴史や文化を掘り下げる「食事会」を続けてきています。
ヨーロッパに留学や旅行をしたい学生の背中を押せればとも思っています。
All students who are interested in European studies or modern history will be welcome. Each semester we chose one country in Europe, and we continue to have “eating parties” in which we study the history and culture of that country while tasting its cuisine. I think that I am “pushing from behind” students who want to travel or join study abroad programs.

研究テーマ

これまでの研究対象としては、東欧社会における「肉牛」「羊」「白馬」「サクランボ」「国境線の意味」「筏と川」などを手がけてきました。
Specialization: Cattle and sheep in East European Society, the military border of the Habsburg Empire, raftsmen in Slovakia and so on.

@イグアスの滝

@ナイアガラの滝

@ヴィクトリアの滝