国際学研究科理念 - 国際学研究科 | 明治学院大学 大学院 | 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies 国際学研究科理念 - 国際学研究科 | 明治学院大学 大学院
  1. HOME
  2. 大学院 国際学研究科
  3. 国際学研究科理念

Graduate School

大学院 国際学研究科

国際学研究科理念

国際学研究科理念

世界が直面する諸問題に、横浜から取り組む志

国際学研究科の土台となっている国際学部は、1986年、横浜に開校しました。幕末に日本が新しく世界に向かって新しく開いた港、そして明治学院の祖たるヘボン博士ゆかりの地です。国境を越えて真理を追究し、自らの利益だけを追い求めるのでなく皆のためを考え、世の中の役に立ちたい、という明学スピリット。1990年には、それをさらに追求するために国際学研究科が設置され、今日に至ります。

いま、人類は、さまざまな地球的課題に直面しています。身近な問題に関しても、他の国々で同じようなことに取り組んでいる人々がいるのです。研究者・実践者の新しいネットワークや、従来の学問分野を横断・再編成する新たな知的枠組みが求められ、諸外国でも高等教育の分野で模索が続けられているところです。

国際学研究科は、そうした知的挑戦に果敢に取り組む若者たちの志にこたえられる大学院であるよう、努力を続けています。カリキュラムは従来の学問体系にとらわれない編成をとり、博士前期課程のコースワークは「日本・アジア研究」、「平和研究」および「グローバル社会研究」の三領域をカバーしています。前期・後期課程とも、学生は指導教員の丁寧な個別指導の下で専攻分野の研究を深めるだけでなく、問題意識に応じて別領域の科目を履修したり、他の教員の指導を求めることもできます。
本研究科では、通常の入学試験に加え、「社会経験者入学試験」制度を設けています。この制度は、社会・職業人として一定の経験を有し、学習・研究意欲に富む方々に対し、大学院の門戸を開放するものです。開かれた心で学問を追究する横浜コミュニティの一員たらんとする人を、国際学研究科は待っています。

研究科からのメッセージ

国際学研究科委員長

久保田 浩 教授

明治学院大学の歴史の中では比較的若い学部である国際学部が設立されたのが1986年、そして大学院国際学研究科はさらに若く1990年の設立であり、2020年にようやく設立30年を迎える歴史の浅い研究科です。しかし本研究科は、過去と現在の国際社会に潜んでいる、つまり表層には現れてこず、一見しただけでは見逃してしまいがちな諸問題を探り出す嗅覚と、その解決を模索するために必要な知識と洞察力を兼ね備えた修了生を世に送り出してきました。

本研究科における教育とは、学生の自由で批判的な精神の開花を目指す教育であり、そうした精神に基づく学問研究に忠実であることの謂いです。換言すれば、歴史的に現れてきた、そして現在においても現れている多種多様な諸問題を見つけ出すために、自己批判を含んだ批判的な視座を持ち続けること、そうした視座から人間のあらゆる営みを自明視することを峻拒し、相対化し続けること、それこそが本学が掲げる「「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基盤として」(明治学院大学大学院学則)行われる教育であり研究です。この批判的営みは、既に用意されている、均された平坦な道を歩むことではありません。その既存の道に根底から批判の目を向けることです。これは歩むのにきわめて難儀な道ですが、学生と教員が互いに情報を提供し合い、助言を与え合い、そして相互に批判し合いながら進んでいくことによって可能となると、本研究科の教員一同、確信しています。

このように、大学院での研究では、既存の情報の積み重ねと累積ではなく、既存の情報を支えている常識的基盤へ批判的なまなざしを向けることが出発点となります。ですから、いわゆる定説を習得するだけに終始するのではなく、問題自体を発見する能力そのもの、情報の批判的な検証に裏打ちされた知識を再構築していく能力を磨いていくことが必要となります。「国際学」は多岐にわたる専門領域とディシプリンから構成されており、みなさんはそれぞれ限定された問題領域の中で研究を進めていくことになります。しかし以上のような能力を身につけていくためには、自分の専門領域と自らの研究対象についての十二分な情報とその批判的な検証はもちろんのこと、専門とする領域の外側で提起されている諸問題、援用されている方法論や論じられている諸理論等に積極的に触れて刺激を受けていくことも不可欠となります。これは自らの研究を外からの視点で見直すことでもあり、多角的な視点から検証し直すことでもあるからです。

本研究科は、国際社会を構成するいかなる問題を取り上げて研究するにせよ、このような(自己)批判的視座、そして領域横断的な問題意識をとおしてこそ、みなさん各自の研究が学問研究という名に恥じることのない結果を生み出すことができると、そして同時に、混沌とした現代社会における人間の営みを再考し、新たな方向性を模索し、新たな知識の形成に向けた第一歩が踏み出せるものと確信しています。教員一同、みなさんと共に再考し、模索し、歩み出せることを願っています。

国際学研究科国際学専攻主任

大川 玲子 教授

私たちは皆、ポンとこの世に生まれさせられました。そして周りから助けを得ながら生きています。

ではどうして、こんな風に存在してしまっているのでしょう?

この遠大な問いに答えるのは簡単ではありません。ですがまず、身のまわりの小さな問いから始めてみることはできます。それが学問の意味だと思います。

日本という国のなかに住む人々を考えてみても、民族、言語、宗教、ジェンダーの多様化が急速に進んでいます。また国外の多様性は言うまでもないことで、日本はその多様な世界との関係を緊密化させています。ですが残念ながら、それにともなう危険も、紛争やテロ、環境問題など様々なかたちとなって複雑化しています。

つまり喫緊の問題は何かと言えば、異なるバックグラウンドをもつ人々との平和的共生共存でしょう。人々がより生きやすい環境をつくるために、考え、行動する必要があります。

国際学研究科には、これらの問題を専門とする教員が集まっています。地球規模(グローバル)、地域(ローカル)、政治、経済、歴史、文化といった多様なアプローチで、日々、研究し活動しています。ここで一緒に小さな問いを積み重ねて、大きな解決に向かっていきませんか。意欲的な皆さんをお待ちしています。