野口 久美子/NOGUCHI Kumiko - 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies | 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies 野口 久美子/NOGUCHI Kumiko - 明治学院大学 国際学部・国際学研究科 The Faculty of International Studies
  1. HOME
  2. 教員紹介
  3. 野口 久美子/NOGUCHI Kumiko

Professors

教員紹介

国際学科/International Studies
  

野口 久美子

NOGUCHI Kumiko

私はカリフォルニア州のとある先住民保留地では「Kele(キーレ)」と呼ばれています。ヨク―ト語で「雲を呼ぶ人」という意味です。その名の通り、私が戻ると乾燥したこの地に必ず雨が降るのだそうです。いつも、びしょ濡れになりながら、人々の「語り」を集めています。
I am called “Kele” in a certain Indigenous community in California. In Yokut language, it means “the person who calls the clouds.” As the name suggests, when I return, it will always rain in their dry land. I’m always getting soaked and collecting people’s “narratives.”

学科
Department
国際学科
International Studies
専門分野
Research Fields
先住民研究
アメリカ史
Indigenous Studies & U.S. History
履歴
Background
カリフォルニア大学デイヴィス校アメリカ先住民研究科博士課程(修了)、同志社大学アメリカ研究所(助教)、明治学院大学国際学部国際学科(専任講師)を経て現職。
Kumiko Noguchi is Associate Professor in International Studies at Meiji Gakuin University.
She received the Ph.D in Native American Studies from University of California, Davis in 2009.
She was Research Associate in International Institute of American Studies at Doshisha University from 2011-2014 before joining the faculty at Meiji Gakuin University in 2015.
詳細はこちら Details
担当科目
Courses
文化研究の基礎
異文化コミュニケーション
アメリカの文化と社会
Inter-Cultural History
研究業績
Research Activities
単著『インディアンとカジノ―アメリカの光と影』(ちくま新書、2019年)
『カリフォルニア先住民の歴史―「見えざる民」から「連邦先住民部族」へ」(彩流社、2015年)
共訳書  肥後本芳男他『11の国のアメリカ史―分断と相克の400年』(上)(下)(岩波書店、2017年)
(Collin Woodard, American Nations : A History of the Eleven Rival Regional Cultures of North
America, Penguin Books, 2011)Kumiko Noguchi, Indian and Casino: American Light and Shadow (Chikuma-shinsho, 2019)
Kumiko Noguchi, California Indian History: From “the Invisible” to “A Federally Recognized Tribe” (Sairyusha, 2015)
詳細はこちら Details

本学を目指す学生へ

A short comment about Meigaku for prospective candidates.

16才のとき、はじめてアメリカ先住民の居住地を訪れました。まず驚いたのが「貧困」でした。しかし、次に衝撃だったのが、この事実を「誰も教えてくれなかった」ことです。それどころか、それまでに私が手にできた本や学校の授業では、まったく「異なる事実」が語られていたのです。みずから「学びたい」という気持ち強くもったきっかけです。あなたも、今、心にもっている漠然とした「違和感」を大切にしてください。それが、明治学院大学での学びの原動力になるはずです。
At the age of 16, I first visited a Native American reservation. One thing that surprised me was “poverty.” However, the next and the most shocking thing was that “no one told me” this fact. On the contrary, the books and school classes I read and took by then, completely told me “different facts.” It was a strong opportunity for me to “want to learn” by myself. Please cherish the vague “uncomfortability” that you have in your mind. That should be the driving force for learning at Meiji Gakuin University.

ゼミ紹介

Seminar

現代を生きる私たちが直面する様々な問題、例えば、排除と統合、多文化社会と人種・民族、家族とジェンダーといったテーマについて、アメリカ合衆国の事例をもとに学びます。こうしたテーマがどのような歴史的文脈で「発見」され、議論されてきたのか、生きやすい社会をつくるためにはどのような「思考の転換」が必要なのか、そのために今の私たちは何ができるのか。ゼミや校外実習、卒業論文研究の中で考え続けます。
Based on the case studies of the United States, we will learn about the various problems we face today, such as exclusion and integration, multicultural societies and races/ethnicities, and families and gender. We will also learn in what historical context these themes have been “discovered” and discussed, what kind of “mind change” is necessary for our future society, and what we should do for them. We will continue to think those topics through seminars, off campus field studies, and independent research for graduation thesis.

研究テーマ

アメリカの入植植民地主義と先住民社会について関心があります。アメリカは「移民の国」といわれていますが、元来、その地には多様な先住民社会が広がっていました。あまり知られていませんが、現在でもアメリカには570以上の異なる先住民族が暮しています。その多くが、過去400年にわたる入植植民地政策の影響により、現在でも貧困下、周縁化された状態にあります。私がもっとも関心を持つのが、アメリカという大国の中で、こうした先住民族が個々に「自治権」を持ち、独自の政治、経済、社会形態(自治)を維持していることです。統合と排除をめぐる先住民と国家の歴史的な関係性に加えて、部族自治の根底に流れる先住民の思想や信仰と価値観、貧困下を生きる諸民族の苦闘と戦略などについて学んでいます。
My research topic is American Settler Colonialism and its influence on the Indigenous People. There was originally a diverse indigenous society spread in this so-called “country of Immigrants,” which still has more than 570 different indigenous groups. Many are still in poverty and marginalized due to the effects of settler colonialism over the last 400 years. What I am most interested in is that these indigenous nations have their own autonomy and maintain their own political, economic and cultural sovereignty in the United States. In addition to the historical relationship between indigenous peoples and the colonizers over integration and exclusion, I am learning about the ideas, beliefs and values of indigenous peoples that underlie tribal autonomy, and the struggles and strategies of Indigenous communities living in poverty in the 21st century.

ゼミの一コマ

ゼミ恒例、夏のBBQ@材木座海岸