野口 久美子 NOGUCHI Kumiko

【専門分野】
アメリカン・インディアン(アメリカ先住民)史
アメリカ史
アメリカ地域研究
【担当科目】
アメリカの文化と社会
異文化コミュニケーション
Inter-Cultural History
文化研究の基礎
【自己紹介・ひとこと】
  Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.
「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」
 インディアンにも同様の格言がある。
  It‘s good day to die.
「よい終わりを迎えることは、よく生きたこと。」
ゼミ紹介
 現代の私たちが直面する様々な問題、例えば、差別と統合、暴力と平和、多文化社会と国家、人種と民族といったテーマについて、南北アメリカの事例から学び、議論します。こうした問題がどのような歴史的文脈で作られたのか、誰もが生きやすい社会をつくるためにはどのような思考の転換が必要なのか、そのために今の私たちは何ができるのか・答えの出ない様々な問題を、ゼミや校外実習の中で考え続けます。
 ゼミでは基本的に文献講読を行います。それに加え、演習2から卒論研究にとりかかりはじめ、演習3では積極的に卒論研究報告を行います。
研究テーマ
 アメリカン・インディアンの「自治」について研究しています。あまり知られていませんが、現在でも合衆国には567のインディアン自治国家が存在しています。彼らは憲法と政府をつくり、独自の経済基盤さえも持つ。私は国家と部族の関係とその可能性について考えています。現在は特に、部族自治の根底に流れるインディアンの思想や信仰、フェミニズム運動やインディアン知識人の動向(Native American Critical Theory)についても関心があります。
研究業績
研究業績一覧参照