校外実習

毎年半数以上のゼミでは毎週の演習授業に加え、「校外実習」という2週間強のフィールドワークをセットにして学んでいます。各ゼミのテーマに沿って主に海外の諸地域で実施され、ゼミで学んできたことを実際に自らの目で確かめ、蓄積してきた力を試すまたとない機会となっています。実習では関連する国際機関の訪問、現地の学生とのディスカッション、社会調査、エコツーリズムに関する学習など、現地の人々との関わりを大切にしながら様々な体験をします。
語学の壁にぶつかりつつも、ゼミのテーマを頭の中だけの理解ではなく、体感して理解することができるという点で、大学生活の中で最も有意義な時間の一つとなるでしょう。

校外実習レポート

各ゼミの校外実習実績を紹介します。

校外実習エリアマップ

ヨーロッパ

フランス
浪岡ゼミ「フランスにおける社会的排除と宗教運動」

アジア全域

アラブ首長国連邦、ウズベキスタン
大川ゼミ「イスラームの多様性を知る」
イスラエル
孫ゼミ「国家・民族の国際関係学」
イスラエル、ヨルダン、レバノン
平山ゼミ「世界の健康自立について」
インドネシア、東ティモール
賴ゼミ「グローバリゼーションと東南アジアの諸問題」
韓国
李ゼミ「経済学的な考え方と分析方法を学ぶ」
タイ
重冨ゼミ「農業農村の開発問題」
タイ、ブータン
大岩ゼミ「持続可能な地域づくりの模索」
日本
島根県
New 賴ゼミ「中山間地域・離島地域に学ぶ公共政策のあり方」
沖縄県
高原ゼミ「戦後日本の国際関係」
森ゼミ「多文化主義の視点から読み解くアメリカ文化」
ベトナム、ミャンマー、ラオス
竹尾ゼミ「ベトナム・ラオスと日本を結ぶものは?」

北米

アメリカ
New 野口ゼミ「21世紀に受け継がれるアメリカン・インディアンの思想・抵抗・コミュニティ」