2020年度ゼミ要覧・助川 哲也

担当者名 助川 哲也
演習テーマ 世界の詩、自分の詩
校外実習 実施しない。演習2に於いて実施する。
(翌年度での実施分を含む)
選考方法 小論文
小論文テーマ 表現によってなにが可能になるのか
書式・枚数 2000文字前後
提出期限 5月29日
提出方法 担当教員に小論文を添付し、メールで送る。
その他 常に創造を意識すること。
内容 近代から現代にいたる世界の著名な詩人の作品を取り上げ、理解、堪能する。そして自作の詩を書き、表現の礎とする。詩への理解、特に歴史上エポックとなった詩人の作品を知ることは、国際的な教養に於いて必須である。数人のインターナショナルな詩人と作品について明るくなること。そして自らもまた表現者であると自覚すること。タゴール、パブロ・ネルーダ、アルチュール・ランボー、ジャック・プレヴェール、エミリ・ディキンソンなど。
テキスト・参考書等 教員が配布する。
成績評価の基準 出席と課題提出
メールアドレス sukegawa
オフィスアワー 毎週月、火、木の昼 12:25~13:25