2020年度ゼミ要覧・中田 瑞穂

担当者名 中田 瑞穂
演習テーマ ポピュリズムを考える
選考方法 面談と志望申込書。演習人数の範囲内で、基本的に志望者は受け入れます。しかし、必ず一度オフィスアワーに来て質問し、自分の学びたいことがこの演習で学べるかどうか確認してください。
小論文テーマ 小論文は課しませんが、申込書に自己紹介や志望理由を詳しく書いてください。
その他 グループ報告などを通じて、ゼミ生同士が刺激し合えるゼミにしたいと思っています。
内容 現在、世界各地でポピュリズムが政治を動かす大きな原動力になっています。アメリカ・ファースト、ドイツ・ファーストなど自国民ファーストの考え方が人々に支持され、移民や難民を受け入れる、多文化主義的な政策や、環境問題や平和維持、自由貿易など国際協調の政策にも大きな影を落としています。ここ5年程の動きを見ていると、世界は大きな曲がり角に立っているのかもしれません。2020年春、世界中を席捲している新型コロナウイルスに対する各国の対処方法にもこのポピュリズムが強く影響しています。
 このゼミでは、この大きな動きであるポピュリズムに対し、政治学、歴史学の両方からアプローチしていきます。大きなテーマとしては、移民、外国人労働者、難民と、もともとの住民たちの間の関係についての多文化主義政策とその変容、ポピュリズム興隆の背後にある社会、経済的格差の問題、ポピュリスト・リーダーが利用するナショナリズムの認知枠組みとメディアの関係の3つを考えています。
 二年次は、ヤン=ヴェルナー・ミュラー 『ポピュリズムとは何か』岩波書店、2017年を読み、ポピュリズムについてじっくり学びながら、ゼミ生一人一人の問題関心をグループ報告や、ゼミレポートの作成を通して探していきます
テキスト・参考書等 ヤン=ヴェルナー・ミュラー 『ポピュリズムとは何か』岩波書店、2017年
成績評価の基準 要約、レジュメ、プレゼン50%、発言など授業参加25%、レポート25%
メールアドレス mnakada
オフィスアワー 5月15日(金)15時から16時、ないし、5月18日(月)15時から16時。事前にメールをし、Teamsの「国際学科2020ゼミ募集」の「中田ゼミチャネル」に来てください。その他の時間も面談できますので、メールでご相談ください。
公開授業 2019年度と2020年度の春学期にサバティカル、2019年度の秋学期はホープカレッジに派遣で明学を離れていたので、現在上級生のゼミを持っていません。
履修済・履修中であることが
望ましい授業
2020年秋学期に比較政治学を受講してください。授業の関係などで受講できない場合は相談してください。
また、今学期は国際学特講でナショナリズムの英語文献を読みます。ゼミとは独立した授業ですが、このゼミと共に受講すると、理解も深まり、英語力も身につきます。
2021年度に在外研究・特別研究で
開講しない可能性
ありません