賴ゼミ in 島根県

研究テーマ
「中山間地域・離島地域に学ぶ公共政策のあり方」
主な訪問地
【島根県】
飯南町(中山間地域研究センター、谷笑楽校)
邑南町(食の学校、うづい通信部)
海士町(隠岐国学習センター、あまマーレ、しぜんむら)
                

ゼミ生メッセージ

島根県の中山間地域・離島地域を訪問し、地域再生の取り組みについて学びました。地方が抱える超過疎化、超高齢化、財政危機などの課題は、どれも一部の地域における問題にとどまらず、日本全土、ひいては発展を目指し続ける世界全体にも共通する深刻な問題です。今回訪れた島根県飯南町、邑南町、海士町は、それぞれ取られている打開策は異なるものの、その土地の気候風土、住んでいる人々の思い、地域の歴史を踏まえてまちづくりが行われているという共通点がありました。都市を発展させ、地方を消失させることで経済システムを維持するのではなく、両者が共存する新しい価値観とシステムの創造が必要なのだと気づくことができました。(国際学部国際学科 吉井詩乃)

教員メッセージ

今回の実習を通じて、日本の地域社会の置かれた状況について理解を深めました。大きな課題に直面している地域ばかりでしたが、「自分たちはどんな地域に住みたいのか」、「(よく生きるために足り)ないものはない」などのスローガンのもと、自立心にあふれる地域づくりが進められていました。これからの日本社会を展望する上でたくさんの気づきを得ることができました。