学部長メッセージ

   

国際学部長
戸谷 浩


「パイオニアとしての国際学部 多様な領域の学問の中で、自らの学びを探求する」

1986年、国際学部は日本で初めて「国際学部」という名称を持った学部として誕生しました。以後、同名の学部も増え、「国際〇〇学部」という名称の学部に至っては、例を挙げれば切りがない程に出来上がっています。ただ、パイオニアとして誕生した国際学部の名には、大きな意志が込められています。国際ですから、国際的な知見が求められることは当然ですが、先進国中心の既存の視点を全て良しとすることはありません。迎えられるべきは、むしろ普通の人の目線でしょう。国際の語の後に〇〇学という名称が付いていないことにも意味があります。多様な領域の学問を一堂に学ぶことができる国際学部では、〇〇学の部分は自分自身で探し求め、自由に差し入れて下さい。それがあなた色の国際学部ですから。