国際学部へようこそ

明治学院大学国際学部は、1986 年に日本で初めての国際学部として開設され2016 年に学部創設30 周年を迎えました。本学部は国際学科と国際キャリア学科で構成されており、学生は横浜キャンパスで入学から卒業まで4 年間学びます。

グローバリゼーションによって世界の相互関係が一層強められていく中、国際学部は未来の社会に向けて、国内外の多様な場面で活躍することのできる人物を育成することを目指します。

国際学部での学び
国際学部は学際的(interdisciplinary)な教育に力を入れています。ところで学際的な教育とは何でしょうか。そして、それはなぜ必要でしょうか。

通常の大学の教育では、一つの学問の視点から対象を分析・理解することを学びます。しかし、国境や地域を越えて文化、経済、政治の交流が一層強まっている現在の世界においては、一つの学問領域では充分に捉えられない問題がますます増えてきています。それと同時に、これからは様々なバックグラウンドを持つ人々と一緒に生活し、一緒に働くような社会になっていきます。このような社会変化の中で異文化間の理解やコミュニケーション能力の重要性はますます大きくなります。

国際学部では文化、経済、法・政治に関する多様な分野の専門家がともに教育を担当します。学生は一方でそれぞれの興味に即してゼミを選択し、一つの学問を深く探究しながら、もう一方では多様な学問領域に接する機会を通して、グローバルな世界に対する幅広い理解を得ることができます。これが本学部の目指す学際的な教育のあり方です。