※イベント中止のお知らせ 明治学院コンサート・シリーズ第112回《猫のコンサート》

本イベントにつきましては、感染症リスク軽減のため、適切な時期まで延期とさせていただきます。

2020年2月22日(土)15:00 開演 (14:30開場)
明治学院大学 白金アートホール
入場無料 (一般の方々・学生、どなたにも開かれています。)

モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク k.525
バッハ/無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 より
アルブレヒツベルガー/喜遊曲
ロッシーニ/弦楽のためのソナタ 第2番
「踊る子猫」「ムーンリヴァー」
「メモリー」(キャッツ)ほか

  「2」が並ぶ「猫の日」には、超メジャーな名曲からマニアも知らない掘り出し曲まで。ベートーヴェンの先生であるアルブレヒツベルガーのヴィオラ・チェロ・コントラバスのための佳曲、ロッシーニ12才の天才的作品、そして『ティファニーで朝食を』『キャッツ』から。極上の響き122席アートホールで楽しい冬の午後を。

これまでのコンサートはこちら

森田 綾乃 もりた・あやの (violin) <バッハ>
フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業。同大学ディプロマコース修了。イタリアにて室内楽マスタークラス修了。ドイツにてCalifornia International Music Festival参加。オーストリアにて師匠F.シュタートラー氏と共演。ヴァイオリンを名倉淑子、F.シュタートラー、ヴィオラを鈴木康浩各氏に師事。現在様々なジャンルで演奏活動を行う。横浜市民広間演奏会会員。

伊藤 静佳 いとう・しずか (violin)
洗足学園音楽大学卒業。幅広いジャンルにおいてのオーケストラ、室内楽、パーティー演奏、レコーディング、アーティストのツアー、サポート演奏などで演奏活動中。第59回紅白歌合戦、NHK音楽祭2016をはじめ他音楽番組にも出演。現在、洗足学園中学高等学校の音楽科目においてヴァイオリン講師、オーケストラ部のヴィオラ講師も務める。

立石 さくら  たていし・さくら (viola)
東京藝術大学音楽学部卒業。同大学修士三年在学。京都フランスアカデミーにて、ブルーノ・パスキエ氏のマスタークラスを受講など。第18回日本演奏家コンクールで特別賞を受賞。ヴァイオリンを徳永二男、菊池愛、ヴィオラを大野かおる、川崎和憲の各氏に師事。室内楽を澤和樹、松原勝也、市坪俊彦、山崎伸子、大友肇の各氏に師事。

半澤 朝彦  はんざわ・あさひこ (cello)
霧島国際音楽祭、京都フランス音楽アカデミーで、堤剛(桐朋学園大学)、F.ミュレール(パリ国立音楽院)、H.シャピロ(ジュリアード音楽院)氏らのマスタークラスで演奏。2010年、英国Trinity-Guildhall音楽院ディプロマで同音楽院生相当の成績。本学国際学部准教授(国際関係史)。チェロを、G.トゥリエール、毛利伯郎、J.ウォードクラークの各氏らに師事。

岡本 文音 おかもと・あやね (contrabass)
コントラバスを齋藤順、永島義男、吉田秀、池松宏の各氏に師事。奏楽堂モーニングコンサートに出演し芸大フィルハーモニアと共演。東京藝術大学器楽科を経て、現在同大学院修士課程に在籍中。

[明治学院国際学部コンサート・シリーズ 第112回]  ☆明治学院白金アートホールへの行き方: JR品川駅高輪口より都営バス「目黒駅」行、またはJR目黒駅より「大井競馬場」行きに乗り、「明治学院前」下車。または、地下鉄南北線の白金高輪、白金台、浅草線の高輪台からいずれも徒歩5分。ホールはキャンパス内、東門に近いガラスばり建築の「パレットゾーン」2階奥。
※本シリーズのこれまでの演奏会、今後の予定は、明治学院大学、国際学部のHP(イベントの項)で常時ご覧になれます。