明治学院コンサート・シリーズ 第5回 ≪国際学部20周年記念コンサート(第二弾)≫

2006年11月29日(水)19:00 開演(18:30開場)
明治学院大学 白金キャンパス アートホール
入場無料 (一般の方・学生・教職員の方ともお気軽にどうぞ)

ファッシュ/ソナタ ト長調より
フォンタナ/ヴァイオリンソナタ 第2番
「小鳥愛好家の楽しみ」、『笛の楽園』から、小曲&トーク(朝岡聡)
ヴィヴァルディ/「忠実な羊飼い」第6番 ト短調
バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調
バッハ/四つの小プレリュード
バッハ/ブランデンブルグ協奏曲第4番 ト長調

 「コンサート・ソムリエ」、リコーダー奏者としてもご活躍中のアナウンサーの朝岡聡さんをお迎えし、バロック音楽のコンサートを行います。
 とくに、バッハの傑作「ブランデンブルグ協奏曲」は、珍しい室内楽編成版による日本初演です。ぜひお出かけ下さい。

これまでのコンサートはこちら

朝岡 聡  あさおか・さとし(recorder/concert sommelier)
 テレビ朝日「ニュースステーション」初代スポーツキャスター。
 現在はフリーで活動。NHK・FM「特集・クラシックリクエスト」のパーソナリティもつとめる。リコーダー愛好歴は30年におよび、著書『笛の楽園』(東京書籍)は子供から大人まで楽しめるユニークな古楽本として話題を呼んだ。クラシックの裾野を広げ、愛好家もうならせる「コンサート・ソムリエ」(案内役)としても活躍。
 みなとみらいホールジルベスターコンサート」「東京フィル・午後のコンサート」など各地でオーケストラと共演して人気を得ている。オペラ取材にも精力的で、『音楽の友』の「朝岡聡の極楽オペラ旅」その他に好評連載中。

庭山 由記美 にわやま・ゆきみ(violin)
 インディアナ大学にて演奏家資格取得、N.シコルニコヴァに師事。その後シカゴ芸術院ルーズヴェルト音楽大学にて森悠子の下で研鑽を積み、シビックオーケストラ・オブ・シカゴではセクション・リーダーを務めるなど3年間在籍。帰国後は日本各地でリサイタルや室内楽演奏会を催し、都留音楽祭や京都フランスアカデミーに参加。04年奨学生としてフランス、サント古楽音楽祭に派遣された。近年は、バロック・ヴァイオリニストの渡邊慶子に師事し、古楽演奏にも新境地を開きつつある。

堀川 智也 ほりかわ・ともや(recorder)
 東京大学音楽部管弦楽団、札幌シンフォニエッタなど多くのオーケストラでファゴット奏者を務めた。東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者の井料和彦に師事。アンジェラ・ヤンにバロック音楽理論および指揮法を師事した。リコーダー奏者としては、リコーダー楽譜出版で定評のあるリコーダーJP社のCDに収録して好評を得る。現在、大阪外国語大学外国語学部助教授(日本語学)。

山本 香代子 やまもと・かよこ(harpsichord)
 ヤマハ演奏・指導グレード、ローランドポピュラーピアノ、リトミックライセンス取得。時間と空間のデザイン集団espressivoにてブライダルプレーヤーの資格を取得、式場エルガーハウスで経験を積む。神戸バッハカンタータアンサンブルにて、李善銘、大塚直哉のもとでチェンバロなどを研鑽。2001年からオーケストラ・ソノリテのコンサートマスターを務め、楽曲分析を中心としたコラムを長期連載中。PIARA審査員。PTNA指導者会員。

半澤 朝彦 はんざわ・あさひこ (cello)
 京都フランス音楽アカデミーその他に選抜され、毛利伯郎(桐朋学園大学)、堤剛(インディアナ大学)、F.ミュレール(パリ国立音楽院)、H.シャピロ(ジュリアード音楽院)などのマスタークラスで演奏。英国にて、巨匠アンドレ・ナヴァラの高弟でパリ・エコールノルマル音楽院のG.トゥリエールの下で研鑽を積んだ。マートン・カレッジ・オーケストラなどの首席チェロ奏者を努め、数多くの独奏会、室内楽演奏会に出演。2006年より明治学院国際学部助教授(国際政治史)。現在、チェロを毛利伯郎に師事。本コンサート・シリーズを企画。

[明治学院国際学部コンサート・シリーズ 第5回]  ☆明治学院白金アートホールへの行き方: JR品川駅高輪口より都営バス「目黒駅」行、またはJR目黒駅より「太井競馬場」行きに乗り、「明治学院前」下車。または、地下鉄高輪台、白金台、白金高輪からいずれも徒歩約5分。アートホールは「パレットゾーン」にあります。