【教員新著】阿部浩己教授『判例評論』735号

阿部浩己教授による判例批評(「難民に該当することを理由に難民不認定処分の取消判決が確定している外国人について法務大臣が再度不認定をする場合には、難民条約における終止条項に該当することを要するとした事例(東京高判平30・12・5)」)が『判例評論』735号(2020年5月1日)に掲載されました。