優秀卒論

2016年度・優秀卒論一覧

※氏名のリンクをクリックすると概要を表示します。

  • 小林 里香(秋月 望ゼミ)「韓国の北方外交 -朝鮮半島統一に向けた南北競争と対話-」
  • 中島 夏美(岩村 英之ゼミ)「階級社会の中に存在するイングリッシュパブ -歴史的観点から過去と現在を比較して-」
  • 丹菊 美月(大岩 圭之助ゼミ)「弱さと向き合い幸せな未来へ -障害者と健常者が共に生きる社会を目指して-」
  • 本城 桃(大岩 圭之助ゼミ)「暮らしを創造するという自由 -現代における民藝とローカリゼーション-」
  • 佐藤 菜美(重冨 真一ゼミ)「農村舞台の継承・存続要因 -舞台構造の視点から-」
  • 石野 早紀(司馬 純詩ゼミ)「ファストファッションと経済 -ファストファッションはなぜ若者に人気なのか-」
  • 上原 麻衣 (竹尾 茂樹ゼミ)「施設展示から導く戦争の記憶の扱い方 -記憶の風化が迫る今、戦争継承のために-」
  • 井上 真奈(竹尾 茂樹ゼミ)「サトウキビ畑からみえた貧困 -フィリピン・ネグロス島の事例から-」
  • 加藤 愛貴(田中 桂子ゼミ)「Higher Education Reform and Internationalization in Japan」
  • 吉谷 クラウヂオ(田中 桂子ゼミ)「Social-Cultural Barriers, Discrimination, and Identity Crisis – The Marginalization of Japanese Brazilians Living in Japan -」
  • 笹沼 帆奈望(中田 瑞穂ゼミ)「女性正規雇用の拡大の課題 -伝統的役割分業観の変遷を中心に-」
  • 鍋谷 美緒(中田 瑞穂ゼミ)「日本における子どもの貧困と支援 - 子ども医療費助成制度からみる公的支援の多様性 -」
  • 松澤 あずさ(中田 瑞穂ゼミ)「デンマークにおけるEC・EUをめぐる国民投票の独自性 - 政治参画意識への影響の観点から -」
  • 荒井 康介(野口 久美子ゼミ)「痛む/病む自己の発見と受容過程 - 緒方正実の水俣病をめぐる経験の意味づけを事例に -」
  • 長井 遼(半澤 朝彦ゼミ)「アメリカにおけるジェントルマン文化の受容 - 伝統文化の越境と規範形成 -」
  • 中村 マリア(半澤 朝彦ゼミ)「北欧モダニズムが国際社会で果たした役割り - 文化から政治・社会を分析する -」
  • 北詰 隆平(森 あおいゼミ)「コンクリートに散ったバラ - 2パックと政府機関との対立に関する考察 -」
  • 鶴巻 賢司(森 あおいゼミ)「ジョセフ・キャンベルの神話概念から読み解く『スター・ウォーズ』 - アメリカ建国神話の再構築と大衆化 -」
  • 山崎 加奈(森 あおいゼミ)「『ハックルベリー・フィンの冒険』から読み解くマーク・トウェインの社会批判 - 奴隷制廃止後の黒人差別・白人優越主義・文明化社会からみる19世紀後半のアメリカ -」
  • 秋山 理子(賴 俊輔ゼミ)「社会保障制度を包括的に捉えなおすために -生活保護・年金・雇用の関係性から考える-」
  • 谷本 久恵(賴 俊輔ゼミ)「若者のローカル志向に潜む社会問題」
  • 坂本 和也(李 相佰ゼミ)「国内外における新幹線網の拡大とその課題 - 巨額な投資費用と新たな交通手段の登場 -」
  • 和田 はるな(李 相佰ゼミ)「規制緩和による訪日中国人観光客の急増と観光立国を目指す今後の日本の観光産業について」

過去の優秀卒論(バックナンバー)