秋月 望 Akizuki Nozomi

秋月 望
【専門分野】
朝鮮近代外交史
東アジア近現代史
【担当科目】
比較政治学2
現代史
東北アジア地域研究
【自己紹介・ひとこと】
パソコンが好きです。パワーポイントで動画を使った授業なども早くから始めました。でも、それが先進的だったのは今は昔。最近は周りの進歩がめざましいので自慢できなくなってきました。
暇をみつけて泳ぐようにしています。校外実習でも泳ぎました。ゼミ生は付き合ってはくれませんでしたが、一人で頑張りました。
【ホームページ】
http://www.meijigakuin.ac.jp/~akizuki/
ゼミ紹介
・内容はゼミ要覧を参照。ただし、これは最初の「予定」です。ゼミの雰囲気はゼミ生の個性と人間関係で決まるので、学年によってかなり違いが出ます。同時に、ゼミの内容もゼミ生の関心によってその時々に修正しています。私を積極的にサポートしてくれるゼミが良いゼミです。
研究テーマ
・朝鮮半島における近代化プロセスの研究。特に、朝鮮を中心とする世界秩序の変容について、それが現代社会の地域秩序と価値観に如何に投影されているかを中心に研究をすすめている。現代韓国社会の変化についても、雑誌にエッセイを連載するなど関心を持ち続けている。
研究業績
・19-20世紀の間島領有権問題―‘万国公法’の受容と領有観念の変遷―  『東アジアの領土と民族問題』2008
・日本文化の韓国への開放がもたらすもの 『在日コリアン文化と日本の国際化』2005
・朝清境界問題にみられる朝鮮の“領域観”  『朝鮮史研究会論文集』2002
・韓国百科 大修館書店 2002
研究以外
・「キーワードで見る韓国社会」 『韓国語ジャーナル』