ジェンダーと社会 担当|合場 敬子

学習目標

 授業を通じて、みなさんが日常生活で、全く意識しなかったり、仕方ないとあきらめたり、とてもこだわったり、無視しようとしている問題の多くが、「ジェ ンダー」に関係していることに気づいてもらう。様々な人々の実践を検討することを通して、ジェンダーに囚われない生き方は可能であり、そうすることが、 ジェンダーによって奪われた自分自身の自由を回復すること(エンパワーメント)であることを理解する。

講義概要

 日本やアメリカの研究成果から、具体的な例を紹介していく。合場の講義が中心だが、映画やビデオを見て感想を書いてもらったり、各テーマの最後にリアク ションペーパー(講義に対する感想や疑問を書いたもの)を作成してもらい、できるだけクラスの中で議論をしてゆきたい。また、最後にジェンダーに関するレ ポートを作成することを通じて、単なる感想文ではない、論理的な主張をする技術を身につけることを目指す。

授業の中で扱われる主なテーマ

  • ジェンダーとセックス
  • トランスジェンダー、トランスセクシュアル、性同一性障害
  • 多様なセクシュアリティ
  • ジェンダーの獲得過程:親、学校、アニメ、スポーツ

《 【国際学科】 講義紹介一覧に戻る