平和学1 担当|浪岡 新太郎

学習目標

 現代における暴力を制御する方法を学ぶ

講義概要

 テロリズム、都市部での暴動など国家にも制御できない暴力が拡大し、人々の間の経済的格差が圧倒的なものになる中、「安全で豊かな人々」と「危険で貧し い人々」がいかに暴力と付き合い、コミュニケーションを回復し、共に生活していくことができるのかを考えたい。その際、テロ行為などの地域、ナショナル、 グローバルに現れるマクロな暴力といじめなど日常生活に現れるミクロな暴力とを一貫して暴力の制御という観点から論じる。

授業の中で扱われる主なテーマ

  • 平和学とは何か
  • アプローチとしての平和学
  • 平和学の重要概念― 暴力、平和像 ―
  • 現代世界におけるグローバル化、分断化、市民社会
  • シチズンシップの問題化
  • 戦争と平和についての理論
  • 新しい戦争と平和についての理論
  • 人の移動と平和
  • ジェンダーと平和
  • 地球環境問題と平和
  • 宗教と平和
  • テロリズムと平和
  • 平和の政治的要因、経済的要因、文化的要因

《 【国際学科】 講義紹介一覧に戻る