日本政治論 担当|趙 星銀

学習目標

戦後の歴史に関する基本的な知識を身につける。そして「いま」の出来事を現代史の文脈の中で理解する。

講義概要

思想史の文献を通して戦後日本の政治史を考える。様々な事件に対して、同時代の人々がそれをどのように理解し、どのように応答したかを検討する。

授業の中で扱われる主なテーマ

  • 戦中と戦後の間
  • 「戦後」の構成
  • 「第一の戦後」と「第二の戦後」
  • 高度成長の光と影
  • 保守主義の論理と心理
  • 「市民」と「市民社会」
  • 不確実性の時代
  • 「第二の戦後」の終わり?
  • 「いま」の歴史

《 【国際学科】 講義紹介一覧に戻る