シリア・ダマスカス大学学長が本学を訪問

ダマスカス大学学長が本学を訪問

シリアのダマスカス大学のワーエル・ムアラ学長が2月3日に本学の白金キャンパスを訪問されました。当日は、大西学長をはじめとして、副学長、国際交流センターの担当教職員と面談し、今後の本学とダマスカス大学との学術・教育交流を進めていくことを確認しあいました。

その後、国際学部の教員との懇談を行い、教員の交換や学生の交換交流、インターンの可能性について議論をし、近い将来に実現できるよう具体的に 検討していくことが合意されました。2007年と2008年度、明学国際学部から6人の学生がダマスカス大学のアラビア語コースを受講しています。交換協 定を結ぶと授業料・寮費などの免除・減額が期待できます。

大西学長とムアラ学長

大西学長とムアラ学長