江橋教授「日本・ミャンマーソサエティ」発足

本学部の江橋正彦教授が、「日本・ミャンマーソサエティ(MJ Society)」の立ち上げに参画しました。

この会は、日本に滞在するミャンマーからの留学生や日本社会で活躍する卒業生と日本の(ビジネスマン、学者・研究者、官僚などの)社会人を結ぶ場として発足されました。
毎月1回、土曜日の午後に集まって、予定されたスピーカーのお話を聞いたのち、自由闊達な議論を行い、お互いが親睦を深めながら新たな知識を広げる内容となります。当分、ミャンマーや日本の政治、経済、社会に関することをテーマに取り上げる予定です。

会場は当分の間、品川にある明治学院大学白金キャンパスの教室を予定しています。そして、JUNKO Associationのミャンマーチームが事務局の役割を務めます。
また、本学部卒業生のJETRO前ヤンゴン事務所長小島英太郎君(93K 江橋ゼミ)が幹事の一人になっています。

詳しくは、下記のウェブサイトをご覧下さい。

http://mjsociety.web.fc2.com/