Graduation Project

グローバル・スタディーズに関する4年間の総仕上げとして、卒論演習(Graduation Seminar)と卒業プロジェクト(Graduation Project)を必修科目と位置づけています。全ての学生はGraduation Seminar を履修しながら、Graduation Project AまたはBを作成します。Project Aでは、英語による論文を作成します。他方Project Bでは、事例研究、特定のプロジェクトの実践とその報告などを紙にプリントした論文などの他、non-traditional mediaによるもの(ウエブサイト、ソフトウエア、映画ないしDVD、設計図等)を創作することができます。

3年生の第二学期の終わりまでに、Graduation Projectのタイトルを提出してください。4年生の第一学期に、専任教員の一人が指導するワークショップに参加します。本学科では、できるだけ各学生の専門に近い研究をしている教員のワークショップに学生を割り当てます。第二学期には、Graduation Seminarに参加し、プロジェクトを完成させます。この学期では、自分が行ったプロジェクトを学内で発表してもらうこともあります。

3年生の第二学期には、教員は学生にガイダンスを通じて、Graduation Projectについて詳しい情報を提供します。しかし、学生も事前に自分のアカデミック・アドバイザーや他の教員と自分が取り組みたいトピックについて相談することを推奨します。 もし学生が4年生の最初の学期に留学やインターンシップで海外に行く場合は、ワークショップを履修する必要はありません。しかし、Graduation Seminarを履修し、Graduation Projectを完成させなければなりません。もし不明な点があれば、アカデミック・アドバイザーや他の教員に相談してください。

2017年度KC4007Graduation Project の担当教員は、阿部教授、合場教授、李准教授、ヴィーシィ准教授、ワトソン教授、吉井教授になります。