カリキュラム

本学科の教育過程は幾つかのコースから構成されています。英語力を習得するクラスはAEPプログラムにまとめられています。他の専門科目は講義、ゼミ、実習(インターンシップなど)から構成されています。Lower Division(入門レベル)の科目は学生に学問分野に親しんでもらい、グローバリゼーションや多文化研究に関する主要な問題やテーマを紹介するものです。主に1、2年生を対象にしています。Upper Division(応用レベル)の科目はLower Divisionの科目で勉強したことを基礎に、より深く特定のテーマについて学生に学んでもらうものです。主に3,4年生を対象にしています。さらに、明治学院共通科目から科目を選択することもできます。しかし、これらの科目にはより高度な日本語能力が必要です。
本学科の学生は自分のアカデミック・アドバイザーに毎学期会い、自身の教育的、職業的目標に合うような科目選択計画を作らなければなりません。

AEP

あなたが、仮に英語を主な言語としない学生であっても心配は要りません。英語を主な言語とする学生と同じように、英語で専門科目を受講することができるように、AEP(Academic English Program) を提供します。本学科のAEPは単に英語を習得させるのではなく、「批判的思考力」と書くことを中心とした「自己表現能力」の育成に重点を置きます。

AEPでは現代的かつグローバルな問題に焦点を合わせ、それを分析し、評価し、問題に対する自分の考えを表現できる能力を養成します。また、学生が文章表現力や公的な場での討論や発言などの他のコミュニケーション方法に精通できるようにします。AEPのチュートリアルでは、AEPの講師が学生の文章表現力を伸ばすために、個人単位で指導をします。本学科では、学生が海外留学か長期間のインターンシップに参加することを強く推奨しているので、そのために必要なTOEFLの点数を向上させる科目も用意されています。

ページの先頭へ

明治学院共通科目

本学の他の学部の学生と共通なもので、本学の教育の中核となるキリスト教科目と外国語基本科目、その他の教養教育科目から構成されています。

  1. キリスト教の基礎
    本学はキリスト教主義に基づく教育を建学の精神としているため、本学科の学生は、キリスト教の基礎的理念を学びます。
  2. 外国語基本科目
    日本語が堪能である学生は、英語以外の初習語である外国語基本科目のうち1ヶ国語を必修として学びます。また英語が堪能である学生は日本語を必修として学びます。
  3. 教養教育科目
    本学科の学生は、英語または日本語により提供される「教養教育科目」を一定の範囲内で履修することができます。その履修の仕方については、アカデミック・アドバイザーにより助言を受けることができます。

明治学院共通科目の履修方法については、履修要項を参照してください。

ページの先頭へ

Lower Division

  1. Introductory Seminar
    1年生が対象で、本学科における学修の基礎(読み方、書き方、発表方法、勉強方法など)を習得しながら、同時に本学科の幅広いテーマ群を認識することができる必須科目です。同じテーマを異なる領域から考察していく醍醐味と、異なる領域相互の関連性を認識できる点において、Lower Divisionの核のひとつです。
  2. Qualitative Methods and Quantitative Methods
    本学科では、在学中のプロジェクトや卒業論文で、実際にデータを収集し分析できる能力を習得するために、Qualitative Methods(質的データ分析方法:インタビューや参与観察で得られたデータを収集・分析する方法)とQuantitative Methods(量的データ分析方法:統計数値を収集・分析する方法)が選択必修科目として用意されています。Quantitative Methodsでは、公式の暗記や統計的な計算よりも、統計的推論の論理を理解することに重点を置いています。
  3. Life and Career Development
    広範で多様な領域であるGlobal and Transcultural Studiesを学ぶことが、将来どのような職業選択や人生設計に繋がるのかを認識し、在学中の履修の指針と卒業後の目標を提供するために、Life and Career Developmentが必修科目として配置されています。この科目ではさらに、海外留学やインターンシップに関してガイダンスを受けることができます。
  4. 講義科目
    本学科の講義科目は3つの領域(経済、政治学、文化と社会学)から構成されています。学生は自由に興味のある科目を選択できますが、本学科の教育内容をきちんと理解してもらうために、Lower DivisionとUpper Divisionの両方に最低限取得しなければならない単位数があります。詳細については本学科のコースリストを見てください。また学期ごとに開講される科目については教務課に問い合わせるか、ポートヘボンを見てください。

ページの先頭へ

Upper Division

  1. Internshipまたは海外留学
    本学科では、学生が海外留学か長期間のインターンシップ(3カ月から6カ月)に参加することを強く推奨しています。明治学院の協定校に留学した場合は、そこで取得した科目の単位の一部は本学科の単位として認められます。本学科の単位として認められる科目の提供数は協定校によって異なります。学生はアカデミック・アドバイザーや国際交流センター(CICE)と相談し、自分の勉強や将来の目標に合った留学プログラムを選ぶことができます。
    インターンシップは、卒業単位に換算され、比類のない学習経験を学生に提供します。インターンシップに参加するには、Life and Career Development 2を履修し、インターンシップの具体的な計画について担当教員と相談する必要があります。各プログラムの詳細については、「海外留学と国際インターンシップ」の項目を参照してください。
  2. Independent Study A and B
    学生は自分で研究テーマを見つけ、それについて勉強することができます。特定の先生の指導の下、適切なトピックを見つけ、計画を立て、どのように勉強するかを決めます。最終的には、勉強の成果を長い論文にまとめることが求められます。もしこの科目に興味がある場合は、アカデミック・アドバイザーか国際キャリア学科の学科主任に相談してください。
  3. 講義科目
    3000番台の経済、政治学、文化と社会学の各プログラムの科目は、特定のトピック、特に異文化間の問題に焦点を当てています。プログラムによって、3000番台の科目を履修する前に、Lower Divisionからprerequisiteのクラスを取らなければならないことがあります。それらのクラスは、4年生で取り組むGraduation Projectの基礎作りをすることにもなります。