教員紹介:齋藤 百合子 SAITO Yuriko

名前
齋藤 百合子:SAITO Yuriko
履歴
日本福祉大学大学院国際社会開発研究科修士課程修了
専門分野
社会開発、社会調査、体験型学習、タイ地域研究、人身売買研究
担当科目
インターンシップ
Independent Study
基礎演習
Life & Career Development
校外実習 (Field Study) ※2012年校外実習について(PDF) 2016年校外実習はこちら
          
研究テーマ
インターンシップ、ケイパビリティ開発(キャリア開発)、体験的学習の効果・評価
ジェンダーおよび社会的排除・包摂、多文化共生(在日外国人)
最近の研究活動
2010「人身取引被害者の帰国後のエンパワーメント支援アプローチ-タイの当事者組織の活動分析から-」『国立女性教育会館研究ジャーナル』第14号35-49
2010 『外国人の親をもつ児童の社会包摂に関する調査研究』 財団法人こども未来財団平成21年度児童関連サービス調査研究
2009「人身売買(人身取引)」日本タイ学会編『タイ事典』、めこん、184-185
2008「バナナにみる食と祈りの生活文化-タイにおけるタイ族とアカ族からの考察」アジア民族造詣学会「アジア民族造詣学会誌」 第8号 Vol.8 31-38
2006「人身売買被害者とは誰か-日本政府の「人身取引」対策における被害者認知に関する課題」大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター『アジア太平洋レビュー』第3号 67-76
自己紹介
私の研究テーマは「人身売買および女性の移住労働」です。とくに、日本への移住労働の過程で人身売買された経験をもつタイ人女性の人身売買後の社会再統合を中心に研究を進めています。最近は、日本在住のタイ人移住者らのコミュニティや日タイ国際児に関してフィールドワークによる実践的な研究もしています。

教員紹介一覧へ戻る